ほとんど全ての企業サイトにおすすめのテーマ「Switch」

【企業サイト】充実したトップページが魅力のテーマ。デモサイトはカフェですが、企業サイトで使える機能が豊富にあります。

企業サイトを作るときに、どんなテーマにしようか迷っているなら、Switchがおすすめです。これだけコンテンツが作れるテーマだったら、ほとんどの企業サイトが作れるでしょう。しかも、かなり美しいサイトになりますよ。

TCDの「Switch」は、企業サイトにおすすめのテーマです。

おすすめする理由は、トップページのコンテンツの豊富さと、汎用性の高さです。

トップページのコンテンツは、9種類もあって、どんな企業サイトでも作れてしまうくらいの充実度です。

設定画面も分かりやすく、扱いやすいため、企業サイトで使うテーマのおすすめとさせていただいています。

★企業部門の1位にさせていただきました↓
2019年、WordPressテーマの部門別おすすめベスト3を発表!>>

Switchを使ってみた感想

実際にSwitchを購入してみると、設定画面が丁寧に作られているな、という感じがしました。

トップ画面のコンテンツが9種類もあるので、設定項目は多いのですが…

設定画面が分かりやすくできているので、迷ってしまうことは少ないでしょう。

私は建築会社をイメージしてサイトを作ってみましたが、購入してマニュアルを読まずに制作しても、

だいたい思い描いていたサイトを作ることができました。

私がWordPressに慣れていることもありますが、他のテーマに比べて分かりやすいのは間違いありません。

サイト制作のコツとしては、画像の取り扱いを推奨サイズで作ることです。

それさえ守れば、かなり美しいサイトができあがりますよ^^

★実際に企業サイトを作ってみました↓
TCDの「Switch」で企業サイトを作る手順1。設定の仕方を説明>>

★企業サイトの作り方2です↓
「Switch」で企業サイトを作る手順2。初心者でもこの完成度>>

どんな企業サイトでも大丈夫

Switchを使ってサイトを作成するときに、どんな企業にするか考えました。

最終的には建築会社にしましたが、ホテルや飲食店でもできるな、と思っていました。

Switchには、価格表、お知らせ、イベント、おすすめプラン、FAQなどを表示する機能があるので、

これらを組み合わせれば、簡単に望みのサイトを作ることができますよ。

店舗を持つ企業サイトなら、Switchがおすすめです。

★Switchの機能の紹介です↓
TCDの「Switch」は、企業・店舗サイトにおすすめのテーマ!>>

Switchの機能と評価

価格
24,800円(税込)
評価
主な用途
店舗を持つ企業サイト全般
主な機能
「記事スライダー」「動画対応フッターコンテンツ」「会員保護ページ」「3種類の固定ページテンプレート」
ウィジェット
「Googleカスタム検索」「カテゴリー一覧」「アーカイブ一覧」「デザインされた記事一覧」「広告(ランダム表示機能)」
カスタム投稿タイプ
「お知らせ」「イベント」「インタビュー」
PAGE TOP

ブログの作り方

TCDの「ONE」でブログを作る手順。トップ画面と記事の設定をします

ONEでブログを作る

ブログの作り方

TCDの「Switch」で企業サイトを作る手順1。設定の仕方を説明

TCDのSwitchでサイト作成

ブログの作り方

「SANGO」のテーマでメニューボックスを設置してみよう

SANGOメニューボックス

ブログの作り方

Bloomでブログを作る手順1。記事スライダーとウィジェットを設置

Bloomでブログを作る

ブログの作り方

スワローでブログを作る手順1。基本設定と人気記事を作成

スワローでブログ作成1

ブログの作り方

Diverのヘッダー部分を設定。ピックアップスライダーを拡大表示しよう

Diverでヘッダースライダー作成