テーマ導入サイト例

TCDの「OOPS!」を使ったWordPressサイト例。テーマ選びの参考に

TCDのWordPressテーマ「OOPS!」を導入しているサイトを探してみました。
公式のデモサイトだけでなく、一般のサイトも見ると参考になります。

OOPS!は、インプレッション、クリック数、コンバージョン率が計測できるCTAが特徴のテーマです。

ただ、計測した数値はサイトの所有者しか見ることができないので…

今回はOOPS!の外観を見ていきたいと思います。

OOPS!の外観の特徴は、パララックス効果を使うことができることです。

パララックス効果を使うと、サイトに奥行きを作り出すことができ、見ているだけで楽しいサイトを作ることができます。

パララックス効果のテーマでは、当サイトではTCDをお勧めしています。

そしてOOPS!は、TCDのパララックステーマの中で、最も機能が充実したテーマです。

★パララックス効果を使用したテーマはこちらもどうぞ↓
パララックス効果のWordPressテーマを厳選。お勧めはこのテーマ!>>

★TCDの他のテーマはこちら↓
デザインの美しさは最上級!「TCD」のWordPressテーマを5段階評価してみた>>

★企業サイト部門の1位にさせていただきました↓
2018年、WordPressテーマの部門別お勧めベスト3を発表!>>

OOPS!(tcd048)の公式デモサイト

TCDのOOPS!

出典:TCD公式サイト「OOPS!」

OOPS!の公式でもサイトは、音楽サイトです。

コンサート会場を背景にして、パララックス効果で奥行きを出しています。

あくまでも個人的な感想ですが…

パララックス効果は連続で使用せずに、ポイントを絞った方が良いように感じます。

公式デモサイトでは、3回ほどパララックス効果を使用していますが、これくらいがちょうど良いのではないでしょうか。

OOPS!公式のでもサイトはこちらから>>

OOPS!使用サイト

OOPS!は、今まで使用サイトを探していましたが、なかなか見つかっていませんでした。

それが最近になって急に増えていますね!

企業サイトでたくさん使われてきているようです。

それでは、OOPS!がどう使われているのか見ていきたいと思います。

1 転職会社

OOPS!使用サイト1

出店:プレミアム人材.com

プレミアム人材.com様のサイトはこちらです。

こちらのサイト様の素晴らしいところは、サイトの作りがストーリーになっているところです。

人間の一生を24時間に置き換えた人生時計の話から始まって…

「あなたは今、何時何分ですか?」

「あなたの1日の行動を思い起こしてください」

「さぁ 残りの時間をどう過ごしますか?」

「自分の時間を知って動きだした人達」

「まずはアナタの可能性を数値化してみませんか?」

というように、スクロールしていくとストーリーが展開していきます。

これに、パララックス効果でストーリーを連想させる背景を配置したら…

これは最後の「無料診断」のボタンをクリックしたくなりますよ^^

ランディングページはストーリーになっていると効果が高いと思います。

2 清掃管理会社

OOPS!使用サイト3

出店:ホストエイド

ホストエイド様のサイトはこちらです。

こちらのサイト様は、清掃の管理代行をされています。

公式デモサイトのように、間隔を開けてパララックス効果を使用しています。

パララックス効果は奥行きを感じさせますが、連続してパララックスを使うよりも、ピンポイントで使う方が効果が大きいと思います。

3 風力発電会社

OOPS!使用サイト2

出店:ライフコミュニケーション秋田

ライフコミュニケーション秋田様のサイトはこちらです。

小型風力発電会社のサイトです。

サイトのトップから、連続して雄大な風景を配置するのはインパクトがありますね!

サイトの文章が多くない場合は、このように画像を連続配置することもできます。

公式デモサイトと似たサイトになることが多いのですが、このように個性あるサイトにするのも面白そうです。

「パララックスを連続で使わない方が効果があるのでは」なんて言っておきながら、こういうのは良いな、と思いました^^;

4 ファンサイト

OOPS!使用サイト4

出典:アンディ・ティモンズファンサイト

アンディ・ティモンズファンサイト様のサイトはこちらです。

こちらのサイト様は、ヘッダーにYouTube動画を使っています。

OOPS!は、動画を再生する機能が付いているのですが、実際に使用しているサイトは多くありません。

動画再生とパララックスという組み合わせができるのは、TCDの「OOPS!」やDigiPressの「Luminous」などの一部のテーマだけです。

ランディングページに動画を使ってみたらどうなるか…

こちらのサイト様を参考にして、アイデアを練ってみると面白いと思います。

OOPS!のイメージは湧きましたか?

OOPS!を使えば、企業サイトの美しいランディングページが簡単にできあがります。

作るのはOOPS!に任せるとして、後はサイトをどう作るかのアイデアが重要です。

ストーリー仕立てにして、次が見たくなるようなサイトが作ることができれば、自然に成約に結びつくサイトになると思います。

OOPS!はこちらから↓
OOPS!の詳細はこちら>>

 

関連記事

  1. Diverのテーマ

    「Diver」を使ったWordPressサイト例。テーマ選びの参考に

  2. agent

    TCDの「AGENT」を使ったWordPressサイト例。パララックス…

  3. tcd-angel

    TCDの「ANGEL」を使ったWordPressサイト例。テーマ選びの…

  4. story

    TCDの「STORY」を使ったWordPressサイト例。テーマ選びの…

  5. law

    TCDの「LAW」を使ったWordPressサイト例。企業向けテーマ選…

  6. maxx

    TCDの「MAXX」を使ったWordPressサイト例。テーマ選びの参…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

メーカー別おすすめ

美しい日本語にこだわった「isotype」のWordPressテーマを5段階評価…

MONOSTYLE

メーカー別おすすめ

多機能かつ洗練されたWordPressテーマ「DigiPress」を5段階評価し…

fresco

メーカー別おすすめ

検索上位表示と収益化「Diver」のWordPressテーマを5段階評価してみた…

Diverのテーマ

メーカー別おすすめ

Web集客に特化した「EMANON」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

EMANON

メーカー別おすすめ

アフィリエイト専用のWordPressテーマ「AFFINGER」を5段階評価して…

wing-affinger5

メーカー別おすすめ

マテリアルデザインのWordPressテーマ「SANGO」を5段階評価してみた

SANGOテーマ

メーカー別おすすめ

ブログに特化した「OPEN CAGE」のWordPressテーマを5段階評価して…

スワロー

メーカー別おすすめ

デザインの美しさは最上級!「TCD」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

TCDのRUMBLE