WordPressの始め方

updraft-plus

UpdraftPlusで超簡単バックアップ!復元もできるおすすめプラグイン

WordPressでブログを書いていたら、あるとき突然、画面が真っ白に…

そんな状況になったら、頭の中も真っ白になりますよね!

実は私、ブログを運営してから2回ほど、ブログが表示されなくなったことがあります。

ほんとうに画面が真っ白で、何にも表示されなくなるんです(T_T)

なんとか、自力で復活しましたが、本当に冷や汗ものです。

バックアップは必要ですよ、本当にそう思います。

さて、WordPressのバックアップは「BackWPUp」を使っている人が多いんじゃないでしょうか。

でも、実はもっと簡単なプラグインがあるんです。

実際に使って見たところ、「簡単設定で、しかも復元まで一瞬でできてしまう」という優れものでした。

超おすすめなので、紹介していきたいと思います。

UpdraftPlusの一番簡単な設定方法

そのおすすめプラグインとは、「UpdraftPlus」といいます。

WordPressのプラグインディレクトリに登録されているので、インストールも簡単だし安心して導入できます。

では、インストールの仕方から説明していきますね。

WordPressのメニューから、

プラグイン→新規追加

とクリックしてください。

プラグインディレクトリ

上の画面のように、右上のキーワード欄に「UpdraftPlus」と入力します。

すると、「UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」が表示されますよね。

では、「今すぐインストール」をクリックしてください。

これでインストールができました。

インストールが終わったら「有効化」も忘れずにしておきましょう。

次に、WordPressのメニューから

プラグイン→インストール済みプラグイン

とクリックします。

プラグインの設定画面

上の画面のように、インストールされているプラグインが表示されましたよね。

ここで、「UpdraftPlus」の「設定」をクリックします。

updraft-plus画面

これで、上のように設定画面になったと思います。

では、この画面では何も設定しないで…

いきなり「今すぐバックアップ」をクリックしてください!

updraft-plusの設定

すると、上の画面になりますから、ここも何もせずに…

やっぱり「今すぐバックアップ」をクリックします!

バックアップ中

さあ、これでバックアップが始まりました。

バックアップの時間はデータの量によりますが、およそ1分くらいで作成されます。

はい、これでバックアップは終わりです^^

あっという間にできてしまったので、ついでに復元も見てしまいましょう。

復元するときは、UpdraftPlusのメニューの「バックアップ済み」をクリックします。

復元の方法

その中にある「復元」をクリックします。

どの項目を復元するかというメニューが表示されますが、何もせずに(デフォルトのまま)復元すればOKです。

バックアップの設定も簡単ですが、復元も超簡単ですね。

たったこれだけでバックアップと復元ができちゃうから、すごいプラグインだと思います^^

【定期バックアップもできる !】
今回の説明では省略していまいましたが、「設定」のところに
ファイルのバックアップスケジュールと、データベースのバックアップスケジュール
を設定することができます。
例えば、「1日」に設定すれば、1日ごとに自動でバックアップされます。

 

DropBoxと連携する方法

次に、Dropboxと連携してみましょう。

なぜDropBoxと連携させるのかというと、実は先ほどのバックアップは、WordPressと同じサーバーに保存されています。

でも、そのサーバーに不具合が起こった場合はどうなるでしょう?

もしかすると、バックアップも無くなってしまうかもしれません!

そこで、Dropboxという、「ネット上にファイルを保存できる場所」を利用するんです。

Dropboxは無料で使うことができるうえに、うっかり削除しても復元までできる優れものですよ。

DropBoxのアカウントについて
DropBoxを利用するときは、まずアカウントを取得します。(無料)
取得するときに、紹介で登録すると500MB多く容量がもらえます。
友達からの紹介が無いときは、こちらから登録してみてくださいね。
容量がちゃんと増えますよ。(どちらも)

では、DropBoxのアカウントを取得したものだとして、説明していきたいと思います。

UpdraftPlusのメニューの「設定」をクリックします。

Dropboxとのリンク

その中に「DropBox」のアイコンがあるのでクリックしてください。

さて、ここで重要なことがあります!

クリックしたアイコンの下に、「DropBoxの認証」とか「バックアップするファイル」という項目が表示されていますが…

すべて無視して、一番下の「変更の保存」をクリックしてください。

変更の保存ボタン

「変更の保存」より上にある項目は、いっさい触らなくても大丈夫です。

ここで保存しておかないと、なぜ登録できないのか分からなくなりますよ。

保存をすると、画面が勝手にスクロールして、「DropBoxで認証」というところで止まります。

DropBoxの認証

そこに書いてあるリンクをクリックしてください。上の画像に書いてある、この部分です↓

「あなたは(下の[変更を保存]をクリックして)、設定を保存した後に、一度ここに戻ってきて、DropBoxの認証を完了するには、このリンクをクリックしてください。」

クリックすると、「このサイトを離れますか?」というメッセージが出るので、「このページを離れる」をクリックします。

すると、UpdraftPlusが、DropBoxにアクセスしていいか聞いてきます。

updraftplusを許可する

ここでは、「許可」を選んでください。

【ここで注目!】
上の画像では、「アプリ>UpdraftPlus.Com」へのアクセス許可を求めています。
つまり、ここがバックアップファイルの保存場所になるわけですね。
念のため、保存された場所は覚えておきましょう。

DropBoxとリンク完了

ここまで来れば、上の画像のように、「DropBoxとリンクができました」という画面になります。

これで設定は完了です。

では、実際にバックアップをしてみましょう!

UpdraftPlusのメニューから「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

リモートストレージに保存

すると、「このバックアップをリモートストレージに送信」という言葉が出ていますね。

ここで「今すぐバックアップ」をクリックです。

これでちゃんとDropBoxにバックアップが保存されました!

念のため、最後にDropBoxにバックアップがあるか確認してみましょう。

保存先は、こちらでしたよね↓

DropBox>アプリ>UpdraftPlus.Com

保存場所

ファイルが保存されていればOKです。

これで安心して眠れますね^^

UpdraftPlusとBackWPUpの比較

UpdraftPlusは、バックアップの設定も、復元の方法も5分くらいでできます。

これまでのバックアップの定番プラグイン「BackWPUp」に比べると、設定はかなり簡単になっています。

そして、何よりも良いのは、「BackWPUp」よりも復元の方法が簡単になったこと。

正直、「BackWPUp」でバックアップした後は、復元ってどうするんだっけ?と悩みます。

UpdraftPlusは初心者でも分かるくらいの親切設計なのが良いですね。

このプラグインの登場で、バックアッププラグインの主役はUpdraftPlusに移行しそうです。

一度使ったら、他のバックアッププラグインには戻れないでしょう^^

関連記事

  1. はてなブログProとWordPress。最終的に良いのはどっち?

  2. マルチドメインを設定

    さくらのレンタルサーバーでマルチドメインを設定

  3. テーマとプラグイン

    ワードプレスに入れたいテーマとプラグイン

  4. ワードプレスの執筆環境

    ワードプレスの執筆環境を整える。Markdown記法とiPhone連携…

  5. ワードプレスのレンタルサーバー

    ワードプレスのレンタルサーバーはシンプルに決める

  6. ワードプレス初期設定2

    ワードプレスの初期設定をすばやく終わらせる 後編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

メーカー別おすすめ

ブログに特化した「OPEN CAGE」のWordPressテーマを5段階評価して…

スワロー

メーカー別おすすめ

多機能かつ洗練されたWordPressテーマ「DigiPress」を5段階評価し…

fresco

メーカー別おすすめ

Web集客に特化した「EMANON」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

EMANON

メーカー別おすすめ

美しい日本語にこだわった「isotype」のWordPressテーマを5段階評価…

MONOSTYLE

メーカー別おすすめ

アフィリエイト専用のWordPressテーマ「AFFINGER」を5段階評価して…

wing-affinger5

メーカー別おすすめ

マテリアルデザインのWordPressテーマ「SANGO」を5段階評価してみた

SANGOテーマ

メーカー別おすすめ

検索上位表示と収益化「Diver」のWordPressテーマを5段階評価してみた…

Diverのテーマ

メーカー別おすすめ

デザインの美しさは最上級!「TCD」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

TCDのAVANT