ワードプレスの始め方

初心者には分かりにくいドメイン

初心者には分かりにくい、ドメインとWhois情報公開代行…

独自ドメインとかWhois情報公開代行って聞いたことありますか?
初心者の自分は、ワードプレスを始めるまで聞いたことありませんでした。

ちょっとこの世界に詳しくなってきた感じがするんでうれしいですねー

今回自分は、Whois情報公開を甘く見て大失敗しました。

何それ?後回しでいいか…と後回しにすると、後で知って真っ青になります!
そのまま放置しておいたら、自分の住所とか電話番号を公開しっぱなしですよ。

1 ドメインの意味

さくらのレンタルサーバーに申し込むと、さくらのレンタルサーバーの初期ドメインがもらえます。
このブログの初期ドメインは、wp-theme-jp.sakura.ne.jp です。

ドメインに http://を付けると、ウェブサイトのアドレスになります。
ということで、このブログのレンタルサーバー契約時点のアドレスは http://wp-theme-jp.sakura.ne.jp でした。

このアドレスでブログを始められますけど…
もし、もっと性能のいいレンタルサーバーに移ろうと思ったときに困ります。今はここで満足なんですけど将来は分かりませんからね。

そこで、レンタルサーバーを移ってもいいように、独自ドメインを取得しておきます。
自分は wp-theme-jp.net という独自ドメインをお金払って取得したので、もし他のレンタルサーバーに移ったとしても、アドレスは http://wp-theme-jp.net で続けることができます

2 ドメインの取得方法

では、さっそく独自ドメインを取得してみます。いろいろドメインを扱うとこを探してみると、

  • お名前.com
  • スタードメイン
  • ムームードメイン
  • 大塚商会
  • バリュードメイン

などの有名どころがすぐ見つかります。

これまた、どこにしようか迷いますね。でも、一度ドメインを取得してしまえば、その後はどこでも変わりはありません。取得後はお金を支払うときだけ気をつければいいくらいです。

自分はドメインを取得しようと思ったときに、ちょうどお名前ドットコムが期間限定で割引していたのでそこに決めてしまいました。
選んだ理由は、単純に安さです。
これ安い!って飛びつきました。でも後で気づきましたが、お名前ドットコムは期間限定が多いですね!自分は大慌てで登録しましたが、次の期間限定がすぐ来るので慌てなくて大丈夫だったみたいです。

お名前ドットコム1

 

自分が契約したときは、.com のドメインが初年度151円…
これは安いんじゃないかな?
1年ごとに更新で、次回からは年間1280円必要になるけど、必要経費ですね。

さっそくウェブサイトから申し込みをします。しかし、お名前ドットコムって、いろいろバナーがあって、どこから申し込みをするのか迷います。
とりあえず一番上のバナーをクリック…

申し込み内容の画面になりました。

お名前ドットコム2

 

  1. 最初は1年で申し込んでおきます。ブログが軌道に乗ったら3年とか5年で契約するつもり。

その下に、こんなチェックボックスがあります。

  1. WHOIS情報公開代行 (新規登録と同時なら無料!)

???
Whoisって?何のことか分かりませんよね。。。
「だいたいこういうのって、申し込み後に変えられるようになっている」から、自分はチェックせずに飛ばしちゃいました。
↑これが間違いです。必ずチェックしてください!

サーバーの選択は、さくらのレンタルサーバーに決めてるのでスルーします。
マイクロソフトOFFICEのご利用も必要ないので、同じくスルー。

次に進みます。

お名前ドットコム3

後は画面の入力欄を埋めていけば、登録完了!
その後登録したメールアドレスに登録完了のメールが届きます。

3 初心者には意味不明…Whois情報公開代行とは

後日、登録完了メールが届きます。その中身を見ると…

Whois情報公開代行 : 無

…あ、そういえば、そんなのあったな。
Whois情報公開代行って何か調べてみると…

実はドメインを取得する人は、登録者の住所、電話番号、名前などを登録しなければいけません。これが企業であれば問題ありませんが、個人だと住所と名前が表示されては困りますよね。
そこで、この登録情報を代行してくれるサービスをWhois情報公開代行といいます。

これをもし代行して貰わなければ?
自分がお名前ドットコムで登録した個人情報がそのまま公開されるってことになります。

ほんとかどうか調べてみましたよ。お名前ドットコムでWhois検索することができます。

こちらがその検索ページです↓
お名前ドットコムWhois検索

氏名、住所、電話番号、メールアドレス…

はい、すべて公開されていました(T-T)
最初に調べておけば良かった…

お名前ドットコムでは、申込時にチェックを入れておけば無料です。ううっ、確かにそう書いてあるし、その横の?をクリックすると説明でてくる…
もうすでに遅いので、泣く泣く有料で申し込みをしました。

これで泣く羽目になった人多いみたいですね。ネットで調べてみたらけっこうヒットします。そしてどうにもならないのが結論みたいです…

追加料金
Whois情報公開代行×1 : 1,058

 


【ワードプレスの始め方 目次】

  1. 全くの初心者からワードプレス。事前に知っておきたいこと
  2. ワードプレスのレンタルサーバーはシンプルに決める
  3. 初心者には分かりにくい、ドメインとWhois情報公開代行… ←イマココ
  4. さくらサーバーにWordPressをクイックインストール
  5. さくらのレンタルサーバーでマルチドメインを設定
  6. ワードプレスに入れたいテーマとプラグイン
  7. ワードプレスの初期設定をすばやく終わらせる 前編
  8. ワードプレスの初期設定をすばやく終わらせる 後編
  9. ワードプレスで初投稿。見出し、画像挿入、パーマリンクなど
  10. ワードプレスの執筆環境を整える。Markdown記法とiPhone連携

関連記事

  1. Mixhost

    WordPressで使うお勧めのレンタルサーバー。実際に使ってみた感想…

  2. ワードプレスのレンタルサーバー

    ワードプレスのレンタルサーバーはシンプルに決める

  3. ワードプレスの始め方

    WordPressの始め方。インストールからiPhone連携まで

  4. はてなブログProとWordPress。最終的に良いのはどっち?

  5. ワードプレスの執筆環境

    ワードプレスの執筆環境を整える。Markdown記法とiPhone連携…

  6. サイバー攻撃マップ

    WordPressのセキュリティー。初心者でも簡単に導入できるプラグイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

メーカー別おすすめ

専門分野に特化したWordPressテーマ「CRAZY WP」を5段階評価してみ…

メーカー別おすすめ

使いやすさにこだわった「CrossPiece」のWordPressテーマを5段階…

メーカー別おすすめ

デザインの美しさは最上級!「TCD」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

TCD birth

メーカー別おすすめ

マテリアルデザインのWordPressテーマ「SANGO」を5段階評価してみた

SANGOテーマ

メーカー別おすすめ

検索上位表示と収益化「Diver」のWordPressテーマを5段階評価してみた…

Diverのテーマ

メーカー別おすすめ

多機能かつ洗練されたWordPressテーマ「DigiPress」を5段階評価し…

メーカー別おすすめ

美しい日本語にこだわった「isotype」のWordPressテーマを5段階評価…

メーカー別おすすめ

ブログに特化した「OPEN CAGE」のWordPressテーマを5段階評価して…

スワロー