ワードプレスの始め方

使い回しできるテーマ

お得な「使い回しができる」WordPressテーマを探してみました!

有料WordPressテーマを購入するときに、1つのテーマで使い回しができるかどうかは重要です。

たくさんサイトを運営したい人にとっては、サイトを作る度にテーマを買うのではお金がかかってしまいます^_^;

できれば、一つのテーマで複数のサイトを運営したいですよね。

そこで、テーマを購入するときには、一つのテーマで使い回しができるかどうかを調べてみました。

買ってからでは遅いので注意してくださいね。

メーカー名主なテーマ使い回し
TCDMAG使い回しOK
BRIDGE使い回しOK
Bloom使い回しOK
OOPS!使い回しOK
RUMBLE使い回しOK
KADAN使い回しOK
GENSEN使い回しOK
SKIN使い回しOK
STORY使い回しOK
AMORE使い回しOK
DiverDiver使い回しOK
OPENCAGEスワロー1サイトのみ
ストーク1サイトのみ
ハミングバード1サイトのみ
AffingerWING使い回しOK
EMANONEMANON Pro使い回しOK
DigiPressMAGJAM1サイトのみ
flesco1サイトのみ
Voyageur1サイトのみ
CrossPieceJIN使い回しOK
ATLAS使い回しOK
isotypeMARBLE使い回しOK
META GRID使い回しOK
賢威賢威使い回しOK
CRAZY WPButterfly2使い回しOK
LIQUID
PRESS
INSIGHT使い回しOK
DOLCE &
VIVACE
Blanche1サイトのみ
Sweet1サイトのみ
HYBRID
THEME
N11サイトのみ
Minimal WPFolclore使い回しOK

販売方法は今後変わるかもしれないので、ご注意ください。

使い回しのできるテーマ

上の表の中の「使い回しOK」となっているところは…

1つのテーマを購入すれば、複数の自己所有サイトにインストール可能です。

有料テーマ全体から見ると、使い回しのできるテーマは、価格が少し高めな感じがします。

でも、多くのサイトを作りたい人は、複数サイトに対応しているテーマを購入すると2つ目のサイトからはお金がかかりません。

私の場合、一つのサイトが育って落ち着いてくると、違う内容のサイトを作ってみたくなってくるんです。

きっとそういう人って多いと思うんですよね。

多くのサイトを作りたいという考えを持っている人は、使い回しできるテーマを持っているといいですよ。

参考までに、私が実際に購入して使っている「使い回しできるテーマ」はこちらです。

★大人向けブログ用にMAG↓
TCDの「MAG」を使ったWordPressサイト例。ブログ向けテーマ選びの参考に>>

★比較サイトとしてBRIDGE。このサイトのテーマです↓
TCDの「BRIDGE」はランキングと評価の機能が素晴らしいテーマ>>

★アフィリエイト向けのDiver↓
検索上位表示と収益化「Diver」のWordPressテーマを5段階評価してみた>>

★女性向けサイトにBloom↓
TCDの「Bloom」は女性向けブログに最適な美しいテーマ!>>

★楽しいブログ用にWING↓
WING(AFFINGER5)は、サイト作成が楽しくなる機能満載のテーマ>>

★ポップなサイトにSANGO↓
マテリアルデザインのWordPressテーマ「SANGO」を5段階評価してみた>>

いずれも使い勝手がいいので満足しています。

一つのテーマで複数サイト使えますが、魅力があるテーマなのでこんなに増えてしまいました^_^;

使い回しができるテーマといっても、それぞれ得意なジャンルがあるので、自分のサイトに合うテーマを探すのが大切です。

★部門別のおすすめテーマはこちら↓
2018年、WordPressてーまの部門別おすすめベスト3を発表!>>

使い回しできないテーマ

上の表の中の「1サイト」となっているテーマは、1つのテーマで1つのサイトでしか使うことができません。

サイトが増えたときは、その分のテーマを購入していかなければなりません。

ただ、有料テーマ全体で見ると、価格は少し安めに設定されている感じがします。

ちなみに、私が購入したテーマはこちらです。

★最初につかったテーマのハミングバード。今はスワローの方がおすすめ。
WordPressテーマ「ハミングバード」のレビュー。ブログにおすすめ!>>

★使いやすいテーマのスワロー
OPENCAGEのスワローは、初心者におすすめできるブログで一押しのテーマ!>>

★デザインに惚れて買ったMAGJAM↓
多機能かつ洗練されたWordPressテーマ「DigiPress」を5段階評価してみた>>

本当は使い回しのできるテーマの方が良いのですが、魅力のあるテーマだったら購入する価値があります。

上の3つのテーマは、使い回しはできなくても、それ以上に魅力を感じたテーマです。

例えば、ハミングバードやスワローは、個人ブログとして使い勝手がよく、安心して使うことができるテーマです。

MAGJAMは、以前当サイトで使っていたテーマで、デザインに一目惚れして購入しました。(今はBRIDGEです。)

使い回しができないテーマを購入するときは、

  • 一つのサイトしか運営しないと決めている
  • このテーマしかない!っていう魅力を感じる

ときに購入するのがいいですね。

GPLライセンスについて

WordPressはGPLライセンスを採用しています。このGPLライセンスという考え方が難しいのですが…

実は、1テーマ1サイトという制限やアダルト禁止といった制限は、GPLライセンスに違反してしまっているようです。

でもテーマを作るメーカーとしては、利益が出なければ意味がありません。

この辺りは難しい問題なんでしょうね。まあ、私はお金払ってもいいくらいの価値があると思っているので気にしていませんが。

GPLライセンスについては、こちらのサイト様が分かりやすいです(外部サイト)↓
WordPressとGPLライセンスについて

関連記事

  1. サイバー攻撃マップ

    WordPressのセキュリティー強固に。初心者でも簡単なおすすめプラ…

  2. Mixhost

    WordPressのおすすめレンタルサーバー。実際に使って比較してみま…

  3. 写真AC

    アイキャッチ画像の素材を探すお勧めの方法

  4. 初心者には分かりにくいドメイン

    初心者には分かりにくい、ドメインとWhois情報公開代行…

  5. ワードプレスのレンタルサーバー

    ワードプレスのレンタルサーバーはシンプルに決める

  6. ワードプレス初期設定1

    ワードプレスの初期設定をすばやく終わらせる 前編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

メーカー別おすすめ

美しい日本語にこだわった「isotype」のWordPressテーマを5段階評価…

MONOSTYLE

メーカー別おすすめ

多機能かつ洗練されたWordPressテーマ「DigiPress」を5段階評価し…

fresco

メーカー別おすすめ

Web集客に特化した「EMANON」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

EMANON

メーカー別おすすめ

デザインの美しさは最上級!「TCD」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

TCDのRUMBLE

メーカー別おすすめ

検索上位表示と収益化「Diver」のWordPressテーマを5段階評価してみた…

Diverのテーマ

メーカー別おすすめ

マテリアルデザインのWordPressテーマ「SANGO」を5段階評価してみた

SANGOテーマ

メーカー別おすすめ

ブログに特化した「OPEN CAGE」のWordPressテーマを5段階評価して…

スワロー

メーカー別おすすめ

アフィリエイト専用のWordPressテーマ「AFFINGER」を5段階評価して…

wing-affinger5