比較・ランキング

ザ・トール

ザ・トールのWordPressテーマを、おすすめ度で5段階評価してみました

ザ・トールは、アフィリエイト向けのWordPressテーマです。

アフィリエイトに必要な機能は一通り揃っているうえに、ザ・トールならではの機能が搭載されています。

アフィリエイト向けのテーマを使いたい方は、少しでもライバルよりも良い条件でサイトを作りたいのではないでしょうか。

その点、ザ・トールは新しい機能を積極的に取り入れるテーマになっているのでおすすめです。

PWAとは
Googleが推奨するモバイルユーザーの利便性を向上させる技術のことをいいます。
この技術を取り入れたテーマは、現在(平成31年1月時点)ではザ・トールくらいでしょう。

ザ・トールの公式サイトはこちら>>

ザ・トールのおすすめ度

ザ・トールには、次の2つのプランがあります。

  • テーマ&サポートプラン
  • らくらくサーバーセットプラン

すでにレンタルサーバーを契約している方など、テーマ本体だけでいい人は「テーマ&サポートプラン」、

レンタルサーバーやドメインの設定に不安がある方は、「らくらくサーバーセットプラン」がいいでしょう。

【注意】
ザ・トールの価格は、税抜価格になっている点にご注意ください。

以下がテーマのおすすめ度です。★5つが最高評価になります。

テーマ名主な用途税別価格おすすめ度スクロール
THE THOR
テーマ&サポート
プラン
アフィリエイト14,800円★★★★詳細へ 
THE THOR
らくらくサーバー
セットプラン
アフィリエイト27,400円★★★★詳細へ 

 

ザ・トール テーマ&サポートプラン

ザ・トールでは、テーマ本体だけでなく、付属サービスが付いています。

テーマ本体も機能豊富だし、付属のマニュアルやフォーラムが無料で使えることから、評価は★4とさせていただきました。

1 ザ・トールのテーマ本体

テーマの機能としては、アフィリエイト機能とページの高速化機能が備わっています。

アフィリエイト機能では、タグ管理機能が特徴です。

アフィリエイトでは、アフィリエイトタグを使って広告を表示しますが、タグを一括管理してくれるので入替が瞬時に終わります。

こまめに広告を入れ替える人にとって、この機能はかなり役に立ちます。

この機能がデフォルトで付いているテーマは、なかなか見つからないですよ。

それ以外にも、ランキング表示、CTAの設置といったアフィリエイトに欲しい機能が備わっています。

機能も豊富にありますね。

また、ザ・トールには、記事ごとの閲覧数、キーワード数、内部リンク数などが表示されるので、収益化の分析をすることも可能です。

2 付属サービス

ザ・トール テーマ&サポートプランを購入すると、テーマ本体と会員限定サイト利用権が付いてきます。

会員限定サイトには、詳細な設定マニュアルと、会員フォーラムが含まれています。

設定マニュアルは、100ページを超えるボリュームなので、分かりやすいように丁寧な説明になっています。

会員フォーラムは、テーマ自体が比較的新しいので、これから充実していく感じですね。

分からないことを質問できる環境があるのは良いことです。

 

ザ・トール らくらくサーバーセットプラン

ザ・トールのプラン比較

ザ・トールの初心者用のセットアッププランです。

レンタルサーバー、ドメイン、テーマがセットになっているうえに、インストールや初期設定をしてもらえます。

これだけのセットにしては価格は良心的なのですが、サーバーの性能が今ひとつなので★4つとさせていただきました。

1 初心者に嬉しいサポート

らくらくサーバーセットプランでは、以下のサポートが受けられます。

  • ワードプレスのインストール
  • テーマのインストール
  • デザインの初期設定
  • ドメインの取得、設定、管理
  • レンタルサーバー付き
  • レンタルサーバーとドメインの管理(2年目以降サーバー・ドメイン代として年間17,400円(税別))

初心者にとっては、ワードプレスのインストール、レンタルサーバー、ドメインは敷居が高いと感じられます。

テーマに設定サポートが付属していれば、すべてお任せすることができるんですよね^^

自分で設定するのも勉強になりますが、早くコンテンツを作成して収益化した人にとっては無駄な時間になります。

お任せしたい方は多いと思います。

ドメインとは
当サイト(テーマプレス)のサイトアドレスは、https://wp-theme-jp.net/です。
ドメインは、その中の「wp-theme-jp.net」の部分になります。
ドメインは、「インターネット上の住所」と言うことができます。
ドメインを取っておくと、レンタルサーバーを引っ越してもサイトアドレスを変えなくても良いところが利点です。

2 らくらくサーバーセットの注意点

らくらくサーバーセットは、すべて設定してくれるので安心なのですが、

レンタルサーバーの容量が15GBというのが気になります。

私は4つのサイトを4年間運営していますが、4年間で5G使いました。

15GBといえば十分ですが、いずれはいっぱいになりそうです。

私はエックスサーバーを使っていますが、エックスサーバーは200GBで、3年契約で月額900円なんです。

つまり、こんな感じですね↓

【価格や性能から見た場合】
テーマ&サポートプランにして、自分でレンタルサーバーとドメインを契約・設定

【心配なのでお任せしたい場合】
らくらくサーバーセットにして、すべてお任せする

★エックスサーバーの記事はこちら↓
WordPressのおすすめレンタルサーバー。実際に使って比較してみました>>

最後に

ザ・トールは、CTAやランキングなどの豊富なアフィリエイト機能を搭載しています。

機能の数で言うと、アフィリエイトテーマのDiverに軍配が上がりますが、

PWAというザ・トールにしか無い機能や、手厚いサポートプランの存在が魅力になっています。

また、価格が機能の多さにしては安く設定されているところも良いですね。

ちなみに、使い回しもできるテーマなので、複数のサイトに使うこともできますよ。

発売時期が遅い分、良いテーマに仕上がっていますね^^

★Diverはこちら↓
検索上位表示と収益化「Diver」のWordPressテーマを5段階評価してみた>>

ザ・トールの詳細はこちら>>

 

関連記事

  1. スワロー

    OPENCAGEのブログ向けWordPressテーマを、おすすめ度で5…

  2. Diverのテーマ

    アフィリエイトに最適のテーマ「Diver」を、おすすめ度で5段階評価し…

  3. MONOSTYLE

    日本語にこだわるisotypeのWordPressテーマを、おすすめ度…

  4. SOURCE

    ランディングページやCTAを設置できるWordPressテーマを探しま…

  5. voyageur

    トップページに動画が使えるWordPressテーマを集めてみました!

  6. butterfly

    出会い系やアダルトサイトでも利用可能なWordPressテーマ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

ブログの作り方

Bloomでブログを作る手順1。記事スライダーとウィジェットを設置

Bloomでブログを作る

ブログの作り方

「SANGO」のテーマでメニューボックスを設置してみよう

SANGOメニューボックス

ブログの作り方

TCDの「Switch」で企業サイトを作る手順1。設定の仕方を説明

TCDのSwitchでサイト作成

ブログの作り方

Diverのヘッダー部分を設定。ピックアップスライダーを拡大表示しよう

Diverでヘッダースライダー作成

ブログの作り方

スワローでブログを作る手順1。基本設定と人気記事を作成

スワローでブログ作成1

ブログの作り方

TCDの「ONE」でブログを作る手順。トップ画面と記事の設定をします

ONEでブログを作る