おすすめテーマ

企業サイトにおすすめの高品質なWordPressテーマ12選【日本語対応】

企業サイトにふさわしい、高品質のWordPressテーマを選んでみました。

紹介しているテーマは全て、

・日本語対応
・レスポンシブ
・有名メーカー
・内部SEO対策済み

のテーマなので安心して使うことができます。

テーマ選びの参考にしてみてください。

企業サイトのテーマ選びに重視すること

テーマを紹介する前に、テーマ選びに大切なことを2つ説明します。

まず1つ目に大切なことは、企業サイトのテーマには洗練されたデザインが必要だということです。

企業サイトではイメージがとても大切です。

WEBサイトの場合、見た目が悪いだけで、見てもらうことすらできない可能性があるからです。

その点では、このページで掲載しているテーマは大丈夫です。

2つ目に大切なことは、テーマが自社サイトに合っていることです。

企業向けテーマでは、

・店舗サイト向け
・BtoBサイト向け

というように、対象とした企業によってデザインや機能が違います。

つまり、どんなに優れたテーマでも、向き不向きがあるということなんですよね。

この先の紹介しているテーマには特徴が書いてありますので、自社サイトにふさわしいテーマを探してみてください。

★おすすめテーマの年間ランキングです↓
2019年、WordPressテーマの目的別おすすめベスト3を発表!>>

企業サイトにおすすめのテーマ一覧

企業サイトにおすすめのテーマを厳選してあります。

紹介しているテーマは、おすすめ順で掲載している訳ではありません。

当サイトの「おすすめベスト3」は、以下のリンクの「企業サイト部門」をご覧ください。

 

ギャラリーが欲しいならMONOLITH

TCD monolith

MONOLITHは、建築やインテリアデザイナーを意識して作られたテーマです。

このテーマの特徴は、トップページの4枚パネル(最大で5枚)のヘッダーです。

4枚の画像が、マウスカーソルが乗った瞬間にアニメーションして、説明の文章が浮かび上がってきます。

この4枚パネルのヘッダーには画像を設定するのですが、動画を使いたいのなら、次に紹介するVOGUEを使ってみてください。

MONOLITHよりも進化して、多機能なヘッダーになっています。

また、MONOLITHにはヘッダーの他にも、美しい画像ギャラリーを作る機能があります。

画像をよく使うサイトなら、MONOLITHは候補に入れた方が良いと思います。

ちなみにこのテーマは、企業サイト向けテーマの中でも、低コストで導入することができますよ。

★MONOLITHの使用サイト例↓
WordPressテーマMONOLITHを使ったサイト例。建築やインテリアサイトの参考に>>

MONOLITHの詳細はこちら>>

 

印象的な企業サイトならVOGUE

VOGUEは、アーキテクチャー、デベロッパー、コンドミニアム系の企業に向いているテーマです。

MONOLITHと同様に4枚パネルのヘッダーがあるテーマですが、MONOLITHとは違う使い方になります。

MONOLITHは4枚のパネルに違う画像を使いますが、VOGUEは同じ画像を一面全部に使います。

また、MONOLITHでは画像しか使うことができませんでしたが、VOGUEでは動画も使うことができるようになっています。

4枚パネルのどこにマウスカーソルが乗るかによって、ヘッダーが変わるのは新鮮ですね。

さらにVOGUEでは、サイトを訪れたときにスプラッシュページを使うことができます。

スプラッシュページを上手に使うことによって、他サイトよりも印象的なサイトを作ることができます。

★VOGUEの使用サイト例↓
WordPressテーマVOGUEを使ったサイト例。印象に残る企業サイトを作ろう>>

VOGUEの詳細はこちら>>

 

中小企業にはEmanon Business

EMANON

EMANONは、中小企業・個人事業主のサイトに向いているテーマです。

テーマのデザインから、堅実そうなイメージのサイトができあがります。

EMANONのテーマは3種類ありますが、企業サイトとして使うときはBusinessを選ぶことをおすすめします。

Businessにすると、どんな企業サイトにも対応できるようにフロントページのデザインを変更できるようになります。

EMANONのテーマは、企業サイト向けテーマとしては価格が安いのも良い点ですね。

Emanon Businessの詳細はこちら>>

 

中堅・大企業でも使えるテーマNANO

シンプルなトップページ

NANOは、製薬、バイオ、エレクトロニクス産業といった、BtoB企業をイメージしたテーマです。

中堅・大企業のサイトでも対応できるくらいの情報量を取り扱えるテーマですね。

デザインはシンプルで、誠実さが感じられるサイトを作ることができると思います。

NANOには、「企業理念、社長挨拶、事業案内」などのコンテンツを作るための専用の機能があるので、自社をしっかりアピールできます。

また、NANOにはカテゴリー分けもできる「お知らせ」機能があります。

お知らせを掲載することにより、常に新しい情報をサイトに掲載することができますよ。

★NANOの使用サイト例↓
WordPressテーマNANOを使ったサイト例。企業サイト作成の参考に>>

NANOの詳細はこちら>>

 

料金表を掲載するならSOURCE

SOURCEは、WEBサービス、ソフトウェア、システム、アプリケーションを扱う企業に向いているテーマです。

サイトを訪れたお客様に、自社サービスのことを知ってもらうための機能があります。

このテーマの特徴は、「料金システム表」と「機能比較表」を掲載することができることでしょう。

SOURCEでは、この2つの表を作るための、専用の表作成機能が用意されています。

美しい料金表や比較表があると、サイトの見た目はかなり良くなりますよね。

SOURCEのトップページは、ランディングページ仕様になっているので、表の下にCTAボタンを設置すると効果がありそうです。

★SOURCEの使用サイト例↓
WordPressテーマSOURCEを使ったサイト例。LP仕様の企業サイトの参考に>>

SOURCEの詳細はこちら>>

 

おしゃれな企業サイトならMAJESTIC+

MAJESTIC+は、フルスクリーン動画も使えるヘッダースライダーが印象的なテーマです。

このフルスクリーン動画で、ファーストビューがとてもインパクトあるものになります。

また、このテーマでは、パララックス効果も使うことができます。

パララックス効果を使うと、背景と前面のスクロールの早さに差が持たせることにより、奥行き感が出すことができます。

このパララックス効果と、こだわっったタイポグラフィーによって、全体的におしゃれなサイトにすることができます。

MAJESTIC+の詳細はこちら>>

 

企業サイト全般にSwitch

Switchは、カフェやコワーキングスペースをイメージしたテーマですが、機能がとても多いのでどんなサイトでも作れてしまいます。

企業サイトとしても十分活用できますよ。イメージとしてはおしゃれな感じになります。

★実際に作ってみました↓
TCDの「Switch」でサイトを作る手順。企業サイトを作成してみました>>

企業サイトのテーマではSwitchをおすすめしているのですが、その一番大きな理由は作成できるコンテンツの多さです。

利用できるコンテンツは全部で9種類。いくつか例を挙げると、

・4点画像とテキスト
・3カラムコンテンツ
・お知らせとイベント
・インタビュー
・プランコンテンツ
・ブログ

などです。これだけのボリュームのサイトを作ることができるのですから、コストパフォーマンスが良いんですよね。

当サイトでは、おすすめテーマとして紹介しています。

★Switchの使用サイト例↓
WordPressテーマSwitchを使ったサイト例。店舗や企業サイトの作り方の参考に>>

Switchの詳細はこちら>>

 

動画を使った企業サイトならORION

ORIONは、トップページにフルスクリーン動画を使うことができるテーマです。

フルスクリーン動画や大きな画像を使いたいサイトに向いています。

ORIONを使ったトップページの流れは、

・フルスクリーン動画
・キャッチコピー
・コンセプトやABOUT
・商品・サービスの紹介
・お知らせ一覧
・ブログ記事一覧

という順序です。テーマの流れに沿ってコンテンツを作っていくと、デモサイトのようなサイトになりますよ。

★ORIONの使用サイト例↓
WordPressテーマORIONを使ったサイト例。フルスクリーン動画サイトの参考に>>

ORIONの詳細はこちら>>

 

商品の売上げ重視ならOOPS!

OOPS!は、インターネットビジネスや店舗ホームページに向いているテーマです。

テーマはランディングページ仕様となっていて、商品の成約率を高めるための機能が備わっています。

OOPS!の一番の特徴は、商品をクリックするときのCTAボタンに計測機能を付けたことでしょう。

このCTAボタンでは、インプレッション、クリック数、コンバージョン率を計測することができます。

少しでも成約率を高めるためには、こうした機能があった方がいいですよね。

また、テーマには7種類のコンテンツがあらかじめ用意されていて、ボリュームのあるランディングページを作成することができます。

商品の売り上げを伸ばしたいサイトでは、OOPS!はおすすめのテーマです。

★OOPS!の使用サイト例↓
WordPressテーマOOPS!を使ったサイト例。LP仕様の企業サイトの参考に>>

OOPS!の詳細はこちら>>

 

個性ある企業サイトならfresco

fresco

frescoは、立体的なカバーフローを使うことができるテーマです。

マウスカーソルが記事の上に乗ると、とても面白いアニメーションをするので飽きません。

このテーマにはデモサイトが5つ掲載されているのですが、「カスタマイズ例3」のデモサイトがおすすめです。

また、このテーマはパララックス効果を使うことができます。

サイトのアクセントとして使うと、他のサイトと差別化できると思います。

おしゃれなテーマで、とても特徴のあるサイトができることが魅力のテーマです。

frescoの詳細はこちら>>

 

企業の求人採用ならAGENT

AGENTは、求人採用に特化したテーマです。

エントリーページを簡単に作成できる機能があります。

求人募集が多い企業では、AGENTのような専用テーマを使った方が効果があると思います。

美しいデザインのエントリーページの方が、応募する側にとっても魅力的に見えますよね。

ちなみに、AGENTではパララックス効果を使うことができます。

他の企業とは一味ちがうエントリーページになりますよ。

★AGENTの使用サイト例↓
WordPressテーマAGENTを使ったサイト例。求人募集サイトの参考に>>

AGENTの詳細はこちら>>
 

士業サイトならLAW

LAWは、弁護士、税理士、司法書士などの士業サイトに向いているテーマです。

LAWの特徴としては、事業内容、弁護士などのスタッフ紹介、事業所の案内が簡単に作れるところです。

特に弁護士などのスタッフの紹介では、トップページに専用のコンテンツを設置できるのが良いですね。

テーマ自体もシンプルで飾り気の無いところが、こうした士業サイトでは良いイメージに繋がるのではないでしょうか。

★LAWの使用サイト例↓
WordPressテーマLAWを使ったサイト例。士業サイトを作るときの参考に>>

LAWの詳細はこちら>>

 

企業サイトをWordPressで作るメリットとデメリット

企業サイトを作るとなると、数百万、数千万、大企業なら数億円というコストがかかります。

それだけのサイトを作って費用を回収できればいいのですが、なかなか難しいと思います。

WordPressのテーマで作れば、その費用が圧倒的に安くなるんですよね。

例えば、TCDの「NANO」の価格は税込みで34,800円です。

このテーマは中小企業はもちろん、大企業にも対応できます。

見た目も美しく、ウェブサイト作成業者が作ったものと比べても変わりません。(むしろ良いくらいです)

つまりメリットは、「価格が安いうえに美しいサイトができる」ということになります。

もし、自分が企業サイトを作るのなら、WordPressのテーマを使い、自社をアピールする文章を考えます。

そうすることでサイトに愛着がわきますし、もっと良い文章があれば、その場ですぐ直すことができます。

自分で作るということ自体にもメリットがあるかもしれませんね。

では、デメリットはというと…

画像や文章を自分(自社)で用意するので、サイト作成に時間がかかるということでしょう。

業者に任せることを、自分でするわけですから。

本当に忙しい企業で、まったく時間を割くことができないのであれば難しいと思います。

このように、WordPressテーマを使ってサイトを作るには、メリットとデメリットがあります。

私が思うには、最近のテーマはすごく使いやすいように工夫されているので、サイトが作れないということは無いと思います。

入力項目を埋めていくだけというテーマも増えています。

時間さえ許せば、WordPerssを使ってみることをおすすめします。

企業サイト向けテーマのまとめ

企業サイトといっても、いろいろな種類があります。

おしゃれなもの、誠実なもの、収益重視のもの、印象に残るものなど、いろいろあります。

企業サイトを作るときには、数多くあるテーマの中から、自社に合うテーマを見つけることが大切です。

今回紹介したテーマを大きく3つに分けるとすると、以下のようになります。

  • 商品やサービスを重視したサイト
    Switch
    OOPS!
    SOURCE

  • 誠実なイメージの企業サイト
    MONOLITH
    VOGUE
    EMANON
    NANO
    AGENT
    LAW

  • 印象に残る(おしゃれな)サイト
    MAJESTIC+
    fresco
    ORION

この中のテーマから選べば、良いサイトができると思います。

企業サイトを自分で作りたい方は、是非参考にしてみてください。

関連記事

  1. WordPressでネットショップが作れるおすすめテーマ【Welcar…

  2. 目的別テーマのおすすめベスト3

    2019年、WordPressテーマの目的別おすすめベスト3を発表!

  3. SOURCE

    ランディングページやCTAを設置できるWordPressテーマを探しま…

  4. TCDテーマ「SKIN」

    美容室・サロン向けの高級感あるWordPressテーマを比較してみまし…

  5. アフィリエイトにおすすめのWordPressテーマ。すべて複数サイトで…

  6. トップページに動画再生可能な、おすすめのWordPressテーマを集め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

おすすめテーマ

美容室・サロン向けの高級感あるWordPressテーマを比較してみました

TCDテーマ「SKIN」

おすすめテーマ

WordPressでネットショップが作れるおすすめテーマ【Welcart・Woo…

おすすめテーマ

企業サイトにおすすめの高品質なWordPressテーマ12選【日本語対応】

おすすめテーマ

アフィリエイトにおすすめのWordPressテーマ。すべて複数サイトで使い回しO…

おすすめテーマ

女性向けの美しい(かわいい)WordPressテーマを集めました

おすすめテーマ

ブログにおすすめのWordPressテーマ。クオリティーの高い有料テーマに厳選し…

ONEでCTA設置

おすすめテーマ

トップページに動画再生可能な、おすすめのWordPressテーマを集めました

おすすめテーマ

2019年、WordPressテーマの目的別おすすめベスト3を発表!

目的別テーマのおすすめベスト3