おすすめテーマ

WordPressでネットショップが作れるおすすめテーマ【Welcart・WooCommerce対応】

WordPressでネットショップ(ECサイト)を作ることができるテーマを選んでみました。

今回選んだテーマは、大手ネットショップと同等以上の洗練されたデザインのものばかりです。

ショッピングカートプラグインを導入すれば、どのテーマでもネットショップを作ることはできるのですが…

それではライバルのネットショップには勝つことは難しいでしょう。

数多くのネットショップの中でも、訪問者の目に留まるくらいの美しいテーマを使うことをおすすめします。

デザインが洗練されたテーマを使うことで、ネットショップのグレードが上がりますよ。

では、おすすめテーマを紹介していきたいと思います。

おすすめテーマに選んだ基準

おすすめテーマに選んだ基準は、

  • 有名ショッピングカートプラグインを使っている
  • プラグインに正式対応している
  • 日本語に対応している

という理由です。

まず、「有名なショッピングカートプラグインを使っている」というのは、ショッピングカートプラグインはお金を扱いますよね。

そのため、プラグインの運用実績も大切だと思います。

今回紹介しているのは、有名なプラグインのWelcartとWooCommerceというプラグインです。

ユーザー数の多い有名なプラグインなので、運用実績はあると考えられます。

次に、「プラグインに正式対応している」というのは、サイト全体のデザインを統一するために必要です。

ネットショップでは見た目の美しさも重要なので、プラグインに正式対応しているテーマがおすすめです。

最後に、「日本語に対応している」というのは、テーマの中には日本語を考慮してデザインされていないものがあり、

日本語で文章を入力するとデザインが崩れてしまうものもあります。

今回は日本人向けのネットショップを作るものとして、日本語に対応したテーマに限定して紹介していきます。

★おすすめテーマの年間ランキングです↓
2019年、WordPressテーマの目的別おすすめベスト3を発表!>>

 

ネットショップ対応のおすすめテーマ

ネットショップを作ることができるテーマの中で、有名なプラグインのWelcartとWooCommerceに対応しているテーマを選びました。

ネットショップにふさわしいデザインのテーマとなると、候補になるテーマは数少ないですね。

当サイト(テーマプレス)でおすすめできるテーマを厳選して紹介していきたいと思います。

Welcart対応のICONIC

TCDから発売されている「ICONIC」というテーマです。

このテーマは、「Welcart」というワードプレスのプラグインを使っています。

Welcartはとても有名なプラグインで、国内のシェアはトップクラスです。

国内シェアが高い理由は、

・すべて日本語になっている
・機能が充実している
・無料で使うことができる(拡張プラグインは一部有料)

などでしょう。

ICONICが担当するのは、ネットショップのデザインの部分です。

デザインの美しさで定評のあるTCDが作ったテーマなので、細部まで美しい仕上がりになっています。

上の画像が、ICONICを導入したネットショップの、ショッピングカートの部分です。

本格的なネットショップになっていますよね。

実はWelcartには公式サイトで販売されているテーマがあるのですが、ICONICほど洗練されたテーマはありません。

Welcartの公式テーマ>>

やはりWordPressテーマ専門メーカーが作ったICONICの方がおすすめできます。

ちなみに、ICONICはWelcartに対応しているテーマというだけでなく、役に立つ機能も備わっていますよ。

いくつか例を挙げると、

・イメージ画像付きメガメニュー
・ニュースティッカー
・関連商品一覧表示機能
・レコメンド商品一覧表示機能

などです。しっかりと付加価値もあるテーマです。

★ICONICのサイト事例です↓
WordPressテーマ「ICONIC」を使ったサイト事例。ネットショップ作成の参考に>>

ICONICの詳細はこちら>>

 

Welcart対応の最新テーマGLAMOUR

TCDの最新ネットショップ向けテーマの「GLAMOUR」というテーマです。

ショッピングカートの部分には、Welcartプラグインを使っています。

ICONICもデザインが美しいテーマでしたが、GLAMOURはさらにデザインが洗練され、美しくなっている感じがします。

上の画像がGLAMOURのショッピングカートの部分です。

ICONICに比べて、商品の画像を大きく扱うようにレイアウトされています。

おすすめ商品の魅力を伝えやすくなったと思います。

こだわりの商品が多いネットショップは、GLAMOURのように商品画像を大きく扱うことができるテーマが良いですね。

高解像度で美しい画像を使えば、ネットショップ全体の見た目もレベルアップするんじゃないでしょうか。

そして、GLAMOURは新しいテーマだけあって、ネットショップを盛り上げる機能が豊富に揃っています。

・モーダルウィンドウのCTA機能
・商品管理機能
・アイテムランキング
・画像付きメガメニュー

美しいレイアウトと独自の機能を盛り込んだGLAMOURは、ネットショップのテーマで一押しのテーマです。

GLAMOURの詳細はこちら>>

 

WooCommerce対応のfresco

DigiPressから発売されている「fresco」というテーマです。

frescoは、「WooCommerce」というショッピングカートプラグインを使っています。

WooCommerceも、Welcartと同様に有名なプラグインです。

世界シェアではWooCommerceの方が上回っているようですね。

WooCommerce自体は日本語ではないのですが、「WooCommerce For Japan」というプラグインで日本語化することができます。

WooCommerce For Japan>>

ただし、注意点があります。

DigiPressのWooCommerce対応テーマであっても、「WooCommerce Styler」プラグインが無いと、デモサイトのようなデザインになりません。

また、デモサイトの配色やレイアウトにしたいのなら、「Custom Skin Pack」というスキンパックが必要になります。

つまり、以下の3点が必要だということですね。

  • DigiPressのテーマ本体(WooCommerce対応テーマ)
  • 「WooCommerce Styler」プラグイン
  • Custom Skin Pack(好みで)

すべて有料ですが、テーマ本体の価格が低く設定してあるので、購入を検討してみる価値はあります。
(テーマの使い回しはできないので注意してください)

また、frescoはパララックスコンテンツを使うことができます。

パララックスコンテンツを使うと、サイトに奥行き感が出てきます。

サイトにちょっとした変化が欲しい場合は、frescoのようなテーマを使うといいでしょう。

★こちらの記事もどうぞ↓
DigiPressの「fresco」は、超多機能なスライダーが搭載された斬新なテーマ>>

frescoの詳細はこちら>>

 

Fancie NOTE Business Edition

DigiPressから発売されている「Fancie NOTE Business Edition」というテーマです。

こちらもfrescoと同じで、デモサイトと同じデザインにするには、「WooCommerce Styler」プラグインと「Custom Skin Pack」が必要です。

ただし、FancieNOTEには、さらに気を付ける点があります。

実はFancie NOTEには次の2つの種類があるんです。

  • Fancie NOTE
  • Fancie NOTE Business Edition

この2つの内、WooCommerceに対応しているのは「Business Edition」のみです。

購入するときは、必ず「Business Edition」を選ぶようにしてください。

DigiPressのWooCommerce対応表>>

上の画像がショッピングカートの部分です。

落ち着いた配色で、デザインもスッキリしているところが良いですね!

デモサイトのトップページをスクロールしていくと、下の方にパララックスコンテンツがあります。

ECサイトのアクセントとして使って見てはいかがでしょうか。

個人的には、DigiPressのWooCommerce対応テーマの中では、「Fancie NOTE Bisiness Edition」が一番おすすめです。

Fancie NOTEの詳細はこちら>>

 

LEMON CLEAM

DigiPressの「LEMON CLEAM」というテーマです。

「WooCommerce Styler」プラグインと「Custom Skin Pack」で、デモサイトと同じECサイトを作ることができます。

「LEMON CLEAM」は、「Fancie NOTE」とデザインが似ていますね。

「LEMON CLEAM」の特徴は、一番上のグローバルメニューにカーソルを合わせたときに、ボックス型のメニューが表示されるところです。

このメニューを見ると、「LEMON CLEAM」だと分かります。

上の画像がショッピングカート部分ですが、「Fancie NOTE」と似ていますね。

SALE!のマークが丸くなっていて目立っています。

今回紹介しているDigiPressのテーマの中ではl、「LEMON CLEAM」だけパララックスコンテンツに対応していないのでご注意ください。

Lemon Creamの詳細はこちら>>

 

ネットショップテーマのメリットとデメリット

今回紹介したテーマは、いずれも美しいデザインでネットショップを作成することができます。

ワードプレスを利用するので、サイトのデザインも自由度があります。

ショッピングカート用のプラグインは機能も申し分ありません。

しかも、自分のワードプレスでECサイトを作るので、運営コストもかなり抑えられるでしょう。

メリットは大きいですよね。

ただし、良いことばかりではありません。

特に注意しなければいけないのは、セキュリティーに関する問題です。

今回紹介しているテーマは、2つの有名なプラグインなのでしっかりと作られています。

ただ、絶対安心というものではありません。

セキュリティーに関して常に注意しておく必要があります。

こうしたセキュリティーが心配な場合は、ネットショップを利用できるサービスを活用する方が安心です。

国内の有名なサービスを以下に3つ掲載しておきます。

どうしても運営コストがかかりますが、安心を買うための費用と考えることもできます。

気になる方は、どんなサービスなのか見ておくと良いかもしれませんね。

★全国40,000店以上で使われているサービス
カラーミーショップ>>

★カートを利用している会員が3,003万人
MakeShop>>

★かんたんシンプルな操作性
STORES.jp>>

関連記事

  1. TCDテーマ「SKIN」

    美容室・サロン向けの高級感あるWordPressテーマを比較してみまし…

  2. 企業サイトにおすすめの高品質なWordPressテーマ12選【日本語対…

  3. SOURCE

    ランディングページやCTAを設置できるWordPressテーマを探しま…

  4. アフィリエイトにおすすめのWordPressテーマ。すべて複数サイトで…

  5. 女性向けの美しい(かわいい)WordPressテーマを集めました

  6. 目的別テーマのおすすめベスト3

    2019年、WordPressテーマの目的別おすすめベスト3を発表!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

おすすめテーマ

ブログにおすすめのWordPressテーマ。クオリティーの高い有料テーマに厳選し…

ONEでCTA設置

おすすめテーマ

トップページに動画再生可能な、おすすめのWordPressテーマを集めました

おすすめテーマ

WordPressでネットショップが作れるおすすめテーマ【Welcart・Woo…

おすすめテーマ

アフィリエイトにおすすめのWordPressテーマ。すべて複数サイトで使い回しO…

おすすめテーマ

女性向けの美しい(かわいい)WordPressテーマを集めました

おすすめテーマ

企業サイトにおすすめの高品質なWordPressテーマ12選【日本語対応】

おすすめテーマ

2019年、WordPressテーマの目的別おすすめベスト3を発表!

目的別テーマのおすすめベスト3

おすすめテーマ

美容室・サロン向けの高級感あるWordPressテーマを比較してみました

TCDテーマ「SKIN」