テーマのレビュー

ICONICテーマ

TCDの「ICONIC」は、安価で美しいECサイトを作成できるテーマ!

平成30年8月30日にTCDから「ICONIC」が発売されました。

ICONIC(アイコニック)は、美しいECサイトを作成することができるWordPressテーマです。

クレジット決済部分はプラグイン「Welcart」、サイトデザイン部分は「ICONIC」が担当します。

Welcartは、「無料で多機能」なので素晴らしいプラグインなのですが…

残念ながらデザインは物足りない面がありました。

そこで登場したのがICONICです。

Welcartに正式対応し、弱点だったデザインを圧倒的に美しくしています^^

Welcartの拡張プラグイン
代表的なWelcartの拡張プラグインを、以下に挙げてみます。
・クーポン(WCEX Coupon)
・送り状連携(WCEX YamatoNumber)
・ダウンロード販売(WCEX DLSeller)
・サービス販売(WCEX DLSeller)
・複数配送ギフト機能(WCEX Multiple Shipping)
・定期購入(WCEX Auto Delivery)
・自動継続課金(WCEX DLSeller)
・価格変動(WCEX MultiPrice)
これだけあれば、自分の目的に合ったECサイトが作れますよね。

★ポータルサイト部門2位にさせていただきました↓
2018年、WordPressテーマ部門別おすすめベスト3を発表!>>

★TCDのテーマはこちらをどうぞ↓
デザインの美しさは最上級!「TCD」のWordPressテーマを5段階評価してみた>>

ECサイト作成法を比較してみる

ECサイトを作る方法は、

1.フルスクラッチ
2.パッケージ
3.ASP
4.オープンソース

の4種類があります。

ECサイトの規模や、作成する予算に応じて選ぶことになります。

ICONICは、「オープンソース」に該当します。

まずは、どの方法を使うと、どのようなECサイトができるのかを比べてみましょう。

それぞれの方法には、「導入事例」へのリンクを張ってあるので比較してみてください。

1.フルスクラッチ

ECサイトのフルスクラッチ

全くのゼロからECサイトを作る方法です。

何の制約も無くサイトを作成できる反面、サイト制作と維持にかなりの費用がかかります。

初期費用だけで1,000万円と言えば、その費用の大きさが分かるでしょう^_^;

そのため、フルスクラッチを使うECサイトは、年商30億円以上の大規模サイトを対象としています。

ちなみに、ZOZOTOWNがフルスクラッチでサイトを作成していますね。

ZOZOTOWNのサイトはこちら>>

 

2.ECパッケージ

ECサイトのパッケージ

パッケージは、すでに完成しているパッケージソフトを元にしてECサイトを作る方法です。

フルスクラッチと同様に、価格はかなりの額になります。

百万〜数千万円といいますから、手が出にくいですね…

パッケージには、ecbeingが有名です。

ecbeingの導入事例はこちら>>

 

3.ASPカート

ECサイトのASP

ASPカートとは、インターネット経由で業者が用意したアプリケーション(ショッピングカート)を利用する方法です。

すでに用意されているアプリケーションを利用するので、価格も安く、導入に手間がかかりません。

デザインや機能にこだわりが無ければ、ASPを利用するのが一番手っ取り早い方法になります。

ただし、ASPカートを利用するとデザインのカスタマイズに大きな制約があります。

デザイン面でのデメリットと、導入の簡単さなどのメリットをどう見るかがポイントですね。

ASP方式を使っている「カラーミーショップ」では、月額900円(初期費用3,240円)で利用できます。

ちなみにカラーミーショップは、ミンネやロリポップのGMOペパボが運営しています。

カラーミーショップの導入事例はこちら>>

 

4.オープンソース

ECサイトのオープンソース

オープンソースとは、インターネット上の無料ソフトウェアを使う方法です。

いろいろなソフトウェアがありますが、今回はWordPressとプラグイン「Welcart」を使う方法を紹介します。

Welcartの導入は、WordPressのリポジトリから選ぶだけという簡単さですよ。
(導入後の設定は必要です。)

Welcartはデザインが弱いので、ICONICを合わせて使います。

この下にある、ICONICのデモサイトを見てください。

高価なフルスクラッチやパッケージと比べても、デザインは見劣りしていませんよね!

デザインの美しさと、トップページのコンテンツを自由に配置できるカスタマイズは、かなり魅力あるものになっています。

それから、価格も安く抑えることができますよ。

ICONICの価格は39,800円で、月額ではなく買い切り価格です。

テーマにかかる費用に、Welcartの拡張プラグインが必要であればその費用を加えた金額で収まります。

ECサイト作成にお金をかける時代ではなくなったかもしれませんね。

★ICONICの公式デモサイトはこちら↓
Welcart対応テーマICONIC>>

★Welcartで使うサーバーに迷っている方はこちら↓
WordPressのおすすめレンタルサーバー。実際に使って比較してみました>>

 

ICONICの特徴

Welcartには、公式のWordPressテーマが用意されています。

しかし、WordPressの専門メーカーが作ったICONICと比べると、美しさや機能の面で差がでます。

特にトップページでは、その差が歴然ですね。

では、ICONICの特徴を見ていきたいと思います。

商品の見せ方が多彩

ICONICメガメニュー

1.メガメニュー

ICONICには、多くの商品を一度に見せることができる、「メガメニュー」が用意されています。

メガメニューにカーソルを乗せると、画像付きの商品が表示されます。

メガメニューがあれば、トップページはスッキリさせつつ、商品をたくさん見せることができますね。

TCDのテーマは、メガメニューの滑らかさが心地いいのでおすすめです。

2.ヘッダースライダー

メガメニューの下には、画面横幅いっぱいのヘッダースライダーがあります。

ヘッダースライダーには、画像の上に文字を表示させることもできます。

ここには、印象的な言葉を添えたいですね。

ICONICスライダー

3.3点ボックス

ICONICには、3点ボックスも設置することができます。

この3点ボックスには、画像の上に文字を配置することができます。

3点ボックスには、おすすめ商品や注目アイテムなどを表示させるのが良さそうですね。

4.カルーセルスライダー

カルーセルスライダーも設置できます。

商品のIDを登録するだけで、カルーセルスライダーに商品を表示させることができます。

カルーセルスライダーは、一定時間で自動的にスライドしてくれます。

商品をたくさん見てもらうことと、サイトに動きを加えることの2つの利点があります。

 

このように、ICONICにはトップページだけでも、様々な見せるための工夫があります。

これらのコンテンツは、TCDページビルダーを使うことによって、順序を入れ替えたり追加・削除ができます。

これまでのECサイトには無かった、美しさとカスタマイズ性をICONICは持っています。

 

商品紹介ページが美しい

ICONIC商品ページ

Welcartを使った商品紹介ページは、よく言えばシンプル、悪く言えば飾り気の無いページでした。

それが、ICONICを使うと、上の画像のように美しい画面に生まれ変わります。

試しに、このサイトにWelcartのプラグインを入れてみましたが、デフォルトのWelcartのデザインでは…^_^;

やはり商品を売るためのサイトとしては、ICONICのような洗練されたデザインが必須でしょう。

ICONICのまとめ

ICONICは、フルスクラッチやパッケージといった高価な方法を使わなくても、安い価格で美しいECサイトが作成できます。

「これだけ価格が抑えられるなら、自分でECサイト作成に挑戦してみよう」と思った方にピッタリですね。

Welcartの設定さえ終わらせてしまえば、サイトデザインの部分はICONICが美しく仕上げてくれますよ。

ICONICの詳細はこちら>>

関連記事

  1. tcd-angel

    TCDの「ANGEL」は会員限定コンテンツを作成できるカッコいいテーマ…

  2. TCDのONE

    TCDの「ONE」は、魅力的なワンカラムと高機能CTA搭載のブログテー…

  3. スワロー

    OPENCAGEのスワローは、初心者におすすめできるブログで一押しのテ…

  4. TCDのZERO

    TCDの「ZERO」は、アイキャッチ不要で書くことに集中できるテーマ

  5. wing-affinger5

    WING(AFFINGER5)は、サイト作成が楽しくなる機能満載のテー…

  6. JIN

    CrossPieceの「JIN」は、売れるサイトを作るアフィリエイト向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

メーカー別おすすめ

多機能かつ洗練されたWordPressテーマ「DigiPress」を5段階評価し…

fresco

メーカー別おすすめ

検索上位表示と収益化「Diver」のWordPressテーマを5段階評価してみた…

Diverのテーマ

メーカー別おすすめ

美しい日本語にこだわった「isotype」のWordPressテーマを5段階評価…

MONOSTYLE

メーカー別おすすめ

アフィリエイト専用のWordPressテーマ「AFFINGER」を5段階評価して…

wing-affinger5

メーカー別おすすめ

Web集客に特化した「EMANON」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

EMANON

メーカー別おすすめ

マテリアルデザインのWordPressテーマ「SANGO」を5段階評価してみた

SANGOテーマ

メーカー別おすすめ

デザインの美しさは最上級!「TCD」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

TCDのSwitch

メーカー別おすすめ

ブログに特化した「OPEN CAGE」のWordPressテーマを5段階評価して…

スワロー