テーマのレビュー

TCDのSwitch

TCDの「Switch」は、企業・店舗サイトにおすすめのテーマ!

平成30年9月27日に、TCDから「Switch(TCD063)」が発売されました。

Switchは、インパクトある動画ヘッダーが印象的な「店舗サイト」向けテーマです。

このテーマは「おしゃれなブックカフェ」や「コワーキングスペース」をイメージしていますが、

店舗を運営している全てのサイトに使えるテーマになっています。

特に、トップページのコンテンツが充実しているので、素晴らしいランディングページができあがりますよ。

★Switchを使って企業サイトを作ってみました↓
TCDの「Switch」でサイトを作る手順。企業サイトを作成してみました>>

★公式サイトはこちら↓
Switchの公式サイト>>

インパクトあるページヘッダー

Switchの動画ヘッダー

Switchのトップページは、ブラウザの横幅いっぱいに表示される動画ヘッダーがあります。

フル画面の動画ヘッダーだけでもインパクトがあるのですが…

さらにSwitchでは、動画にキャッチコピーを重ねて表示させることができるんです。

動画が再生されると、ほんの少し遅れて、キャッチコピーが表示されます。

この文字が、まるでタイピングしているかのように、1文字ずつ表示されるんですよね。

とても印象に残る演出になっています。

Switchの静止画ヘッダー

また、Switchのヘッダーは、動画だけではなく画像スライダーとしても使うことができます。

このスライダーは、ズームインとズームアウトのエフェクトを設定することができます。

この画像スライダーは、TCDの「STORY」というテーマに近いイメージです。

画像だけに比べると、とても印象に残ります。STORYの良いところ取りですね。

STORYは、ホテル・ウェディング部門で1位にさせていただいています。

★STORYはこちら↓
2019年、WordPressテーマの部門別おすすめベスト3を発表!>>

自由度の高いランディングページ

Switchは、TCDコンテンツビルダーという、レイアウトを自在に変更できる機能があります。

当サイトで使っているテーマの「BRIDGE」にもコンテンツビルダーがあるのですが、とても使いやすいですよ。

レイアウトを変更したくなった場合でも、専用画面でコンテンツをドラッグするだけで、あっという間に変更することができます。

WordPressのテーマで、ドラッグでコンテンツを入れ替えられるのはコンテンツビルダーくらいでしょう。

そしてSwitchのコンテンツビルダーは、設定できるコンテンツがとても多く、9種類も用意されています。(BRIDGEは6種類)

Switchのコンテンツビルダーで使えるコンテンツ
・4点画像とテキスト
・3カラムコンテンツ
・お知らせとイベント
・インタビュー
・プランコンテンツ
・フル幅画像
・ブログ
・キャッチフレーズと説明文
・独自コンテンツ

9種類のコンテンツを使いこなせば、かなり充実したトップページになります。

ここで、デモサイトを見てみてみましょう。
※デモサイトは縦長なので、見やすいように2列に並べてあります↓
Switchのコンテンツ一覧

デモサイトは7種類のコンテンツを使っているのですが、7種類でもかなりのボリュームがありますよね。

まあ、これだけでも十分な機能が備わっていると言えますが…

さらに、コンテンツビルダーには「フリースペース」というものもあります。

参考までに、BRIDGEのフリースペース↓
Switchのフリースペース

このフリースペースを使えばさらに独自のコンテンツを追加することができます。

例えば、

  • お問い合わせフォーム
  • メルマガフォーム
  • 電話番号の記載
  • バナー掲載
  • 商品やサービスの紹介

なども設置可能です。

これだけの機能があれば、作りたいサイトができあがるのではないでしょうか。

美しいデザインとレイアウト

Switchは、個性的で美しいデザインのテーマです。

また、3種類の固定ページテンプレートが付いているので、レイアウトも単調にならず、変化を付けることができます。

固定ページテンプレート

Switchのテンプレート

例えば上の画像のように、画像4枚がセットになっていて、その右側に説明文を掲載することができます。

このデザインをHTMLで作ろうとすると、素人では無理なのですが…

Switchなら設定画面で、画像4枚選択して説明文を書くだけで、自動的にページができあがります。

1ドットもズレなく、美しいレイアウトができるのは素晴らしいですね。

個性的なデザイン

Switchのこだわりデザイン

Switchのデザインで目を惹くのは、「3カラムコンテンツ、インタビュー、ブログ」で使われている、

左上が三角に切り取られているデザインです。

この三角の部分に、日付が自動で入るようになっているんですね。

他のテーマでは見られない、個性的なデザインになっています。

この三角の部分をよく見ると、単に三角に切り取っているだけでなく、うっすら影がついていますね。

影があるので、立体感が出ています。

細部にまでこだわったデザインになっています。

Switchのまとめ

Switchは、店舗営業のサイトにとって、欲しい機能がすべて揃っているテーマだと思います。

特にすごいのは、トップページの充実ぶり。

9種類のコンテンツを自由に配置できるので、良いランディングページができあがるでしょう。

さらに、このテーマは動画を利用できる部分が多く、ヘッダーコンテンツ(下層ページも含む)とフッターコンテンツに使うことができます。

機能だけでなく、インパクトという面でも優れています。

店舗サイトのテーマを探している方すべてに、おすすめできるテーマです。

★Switchの使用サイト↓
Switchを使ったサイト例。サイト作成のポイントを解説してみました>>

Switchの詳細はこちら>>

関連記事

  1. wing-affinger5

    AFFINGER5(WING)の、サイト作成が楽しくなる機能を紹介しま…

  2. DIVA

    TCDの「DIVA」はイベントページとギャラリーを作成できるテーマ

  3. modeトップ画面

    isotypeの「MODE」は動画スライダーや記事のフィルタリング可能…

  4. スワロー

    OPENCAGEのスワローは、初心者におすすめできるブログで一押しのテ…

  5. isotypeのmetrix

    isotypeの「METRIX」はマイクロインタラクションを取り入れた…

  6. STYLYトップ

    TCDの「STYLY」は、サイトをスタイリッシュにまとめるギャラリー向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

ブログの作り方

TCDの「Switch」で企業サイトを作る手順1。設定の仕方を説明

TCDのSwitchでサイト作成

ブログの作り方

「SANGO」のテーマでメニューボックスを設置してみよう

SANGOメニューボックス

ブログの作り方

TCDの「ONE」でブログを作る手順。トップ画面と記事の設定をします

ONEでブログを作る

ブログの作り方

スワローでブログを作る手順1。基本設定と人気記事を作成

スワローでブログ作成1

ブログの作り方

Diverのヘッダー部分を設定。ピックアップスライダーを拡大表示しよう

Diverでブログを作る

ブログの作り方

Bloomでブログを作る手順1。記事スライダーとウィジェットを設置

Bloomでブログを作る