テーマのレビュー

TCDのNANO

TCDの「NANO」は、誠実な企業を連想させるコーポレートサイト用テーマ

平成30年11月28日に、TCDから「NANO」が発売されました。

NANOは、企業サイト向けのテーマです。

このテーマを使うと、情報が多い企業でも、スッキリと分かりやすいサイトを作成することができます。

そして、できあがったサイトは、「誠実な企業」のイメージになります。

テーマの持つイメージが、とても誠実さを感じさせるものなんですよね。

現状、「誠実さ」を表現できるテーマは少なく、その中でもNANOは一番のおすすめです。

ちなみに、NANOよりもカジュアルな感じの方が良いときは、「Switch」が良いですよ。

★Switchはこちら↓
TCDの「Switch」は、企業・店舗サイトにおすすめのテーマ!>>

また、収益を優先したページを作成したい時は、「OOPS!」が良いでしょう。

★OOPS!はこちら↓
TCDの「OOPS!」は、なんとABテスト可能なCTA搭載テーマ!>>

どれも良いテーマなので、企業サイトのイメージや目的に合わせて使い分けると良いと思います。

スッキリして分かりやすいトップページ

シンプルなトップページ

NANOのトップページは、少し大きめの画像と少なめの文字数で、とてもスッキリして見えます。

あまりゴチャゴチャしていない方が、スマートな企業サイトのように感じますね。

ただし、情報が少ないと、知りたい情報が見つからずにサイトから離脱されてしまいます。

その点、NANOは一見すると情報が少ないように見えますが、実は情報はしっかりと掲載していますよ。

例えば、画像。

画像にカーソルが乗ると、その上に説明文が表示される仕組みになっています。

画像が大きめなので、詳しい内容を書くことができますよ。

それに、メガメニュー。

メニューに、画像付きで多くの情報を掲載することができます。

「スッキリ」と「充実した内容」を両立できていますね^^

サイト内回遊されやすい構造

NANOには、「会社案内」「事業案内」「実績紹介」という3種類の案内ページが用意されています。

この案内ページには特徴があって、最初に一覧ページが表示されるようになっています。

こちらが一覧ページ↓
カスタム投稿タイプ(会社案内)

例えばトップページの「会社案内」から、社長挨拶を見ようとした場合、

  1. 会社案内のボタンをクリック
  2. 「社長挨拶、企業理念、会社概要、沿革」の一覧ページが表示される
  3. 社長挨拶をクリックする
  4. 社長挨拶の詳細ページが表示される

という流れになります。

「一覧ページ」を最初に見てもらうことで、「社長挨拶」以外にも興味をもってもらえる可能性が出てきます。

サイト内の回遊が増えることに繋がりますよね。

ただし、一覧ページを挟むと、目的のページまでのクリック数が多くなります。

NANOは、そのデメリットを感じさせない、美しいデザインで訪問者を惹きつけます。

デメリットを感じさせずに、他の記事を紹介することができています。

また、NANOでは深い階層になっていても迷わないように、ナビゲーションが付いています。

カテゴリのナビゲーション

上の画像の左側の部分が、ナビゲーションに該当する部分です。(私が勝手にそう思っています^_^;)

今いるところが、「会社案内」の中の「会社概要」にいることが分かり、さらに他のページにもすぐに移動することができます。

こうしたサイト内を回遊しやすい構造になっているのが、NANOの良いところですね。

メガメニューでインパクトを

NANOでは、ページ上部にメガメニューを使うことができます。

メガメニューは画像を使うことができるので、一目でどういう項目があるのか分かります。

メガメニューA

NANOのメガメニューは、これまでのメガメニューに比べてかなり進化していますよ。

通常は画像が表示されるだけなんですが、NANOでは、画像がスライドするアニメーションになっています。

動きが悪かったり過剰な演出だと悪い印象になってしまいますが、NANOは心地良い感じに仕上がっています。

初めてNANOのメガメニューを見ると、ちょっとした驚きを感じると思います。

また、メガメニューは2種類のタイプがあって、片方のタイプは親カテゴリと子カテゴリを一度に表示することができます。

メガメニューB

上の画像を例に挙げると、創薬医療というカテゴリの中に、

遺伝子研究、バイオテクノロジー、ライフサイエンス、仮想化技術、半導体テクノロジー、新薬開発という子カテゴリがあります。

これだけ多くの内容が、メガメニューで一度に表示されるんですね。

企業によっては、記事階層が深くなったりするなど、分かりにくい構造になってしまうことがあります。

このメガメニューを画面上部に固定表示にしておけば、目的の記事を見つけやすくすることができると思います。

NANOのまとめ

NANOの良いところは、

・スッキリしたデザインでも、ボリュームあるページ
・サイト内を回遊してもらう仕組みがあるところ
・カテゴリの階層が深くなっても分かりやすいこと

などがあります。

さらに言えば、企業サイトとしてのデザインが良いということもあります。

「誠実さ」があるテーマというのは、なかなか難しく、地味な印象のテーマになりがちです。

その点、NANOは企業サイトとしての風格を保ちつつ、メガメニューなどによって新しいイメージも持たせています。

こういうテーマを待っていた方も多いのではないでしょうか。

NANOの詳細はこちら>>

関連記事

  1. TCD birth

    TCDの「BIRTH」は、美しい医療系サイトを簡単に作成できるテーマ

  2. WING(AFFINGER5)の楽しい新機能、アニメーションの使い方を…

  3. fresco

    DigiPressの「fresco」は、超多機能なスライダーが搭載され…

  4. TCDのRUMBLE

    TCDの「RUMBLE」は、情報量が多いサイトに一押しの美しいテーマ

  5. TCDのAgenda

    TCDの「AGENDA」は、個人をアピールするサイトに最適なテーマ

  6. TCDの華壇(kadan)

    TCDの「華壇(KADAN)」は、旅館や和風レストランに最適なテーマ!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

ブログの作り方

Bloomでブログを作る手順1。記事スライダーとウィジェットを設置

Bloomでブログを作る

ブログの作り方

Diverでブログを作る手順1。プロフィールや記事スライダーを設定しよう

Diverでブログを作る

ブログの作り方

スワローでブログを作る手順1。基本設定と人気記事を作成

スワローでブログ作成1

ブログの作り方

「SANGO」のテーマでメニューボックスを設置してみよう

SANGOメニューボックス

ブログの作り方

TCDの「ONE」でブログを作る手順。トップ画面と記事の設定をします

ONEでブログを作る

ブログの作り方

TCDの「Switch」で企業サイトを作る手順1。設定の仕方を説明

TCDのSwitchでサイト作成