比較・ランキング

クール版

SEO対策に力を入れるWordPressテーマ「賢威」を5段階評価してみた

賢威テーマが選ばれる理由

ウェブサイトを運営するときに、一番気になるのはアクセス数です。

頑張って作ったウェブサイトに誰も来てくれなかったら…
私も最初の頃は、あまりのアクセス数の少なさに挫けそうになりました。

コンテンツが良ければ自然とアクセス数は増えますが、SEO対策ができていた方が増え方が大きいです。

賢威は、そのSEO対策に全力で取り組んでいるテーマです。

現在はSEO対策はほとんどのテーマで対策されていますが、少しでも良いものをと考えている方にはいいテーマだと思います。

賢威のテーマが選ぶ方のほとんどは、サイトのSEO対策のためと言っていいと思います。

※SEOとは
SEOとは、検索エンジンに上位表示されるための取り組みのことを言います。

また、こちらのテーマは購入者だけがアクセスすることができるフォーラムがあり、困ったことがあればこちらで解決することができます。

他のテーマにはこういったフォーラムは存在していないので、そういったメリットも賢威を選ぶ理由になります。

★アフィリエイトに特化したテーマはこちらもどうぞ↓
アフィリエイトに特化したWordPressテーマを集めました>>

★部門別のランキングも参考にどうぞ↓
2018年、WordPressテーマの部門別お勧めベスト3を発表!>>

テーマの特徴

賢威テーマ(最新版の7)には、5種類のデザインがあります。(今後は増えていく予定)

・スタンダード版
・コーポレート版
・プリティ版
・ビューティ版
・クール版

5つ共、機能は同じです。着せ替えのような感じですね。

それぞれのデザインにはカラーバリエーションが6種類あります。好みのデザインと色で選んでしまいましょう。
各デザインは購入後にダウンロードすることができます。

賢威7からランディングページ作成テンプレートが附属するようになりました。アフィリエイトに力を入れるテーマなので、この機能が欲しかった人も多いはず。

★ランディングページとCTAのテーマはこちら↓
ランディングページやCTAを設置できるWordPressテーマを探しました!>>

自己所有の複数サイトで使用することができるので、複数のサイトを所有している人はお得です。

★一つのテーマで複数サイトにインストールOKのテーマはこちら↓
WordPress有料テーマ。複数サイトに対応しているか調べてみた>>

「賢威」テーマのおすすめ度

「賢威」ワードプレステーマのお勧めと価格一覧表を掲載しています。テーマの比較に役立つように5段階評価をしています。

このテーマにはデモサイトがありません。しかし、公式サイト自体が賢威を使って作成されているので、公式サイトがデモサイトだと思ってください。

主な機能
・レスポンシブWebデザイン
・ページごとのカラム変更
・賢威テンプレートメーカー
・ランディングページ
・PVランキング機能
・共通コンテンツ機能
・キャラ登録機能
・SEOマニュアル(附属)
・サポートフォーラムの利用権(附属)


テーマ名主な用途税込価格おすすめ度スクロ
ール
賢威アフィリエイト24,800円★★★★
詳細へ 

 

賢威7

スタンダード版
出典:賢威公式販売サイト

賢威の開発元はウェブライダーと言いますが、ウェブライダーのSEOのノウハウを詰め込んだテーマです。

サイトを運営していく上で、SEO対策は悩みの種になります。

賢威の良いところは、テーマだけではなく、「SEOマニュアル」というSEO対策の詳細マニュアルが附属するところにあります。

SEOについては、何となく分かっているけれど自信が無い方が多いのではないでしょうか。

テーマに附属するマニュアルと、それが分からないときに見たり聞いたりすることができるフォーラムを活用することによって、サイトのアクセスアップにつなげることができます。

WordPressのテーマは、SEO内部対策ができているものがほとんどです。

その中でも少しでもSEOに特化しているテーマを探している人や、知識を得たい人に賢威はおすすめできます。

★アフィリエイトのテーマならDiverもいいですよ↓
検索上位表示と収益化「Diver」のWordPressテーマを5段階評価してみた>>

賢威の詳細はこちら>>

一覧へ戻る

 

関連記事

  1. リキッド

    コンテンツ分析が特徴の「LIQUID PRESS」のWordPress…

  2. 専門分野に特化したWordPressテーマ「CRAZY WP」を5段階…

  3. Diverのテーマ

    アフィリエイトに最適のテーマ「Diver」を5段階評価してみた

  4. SOURCE

    ランディングページやCTAを設置できるWordPressテーマを探しま…

  5. TCD monolith

    TCDのテーマを5段階評価してみた(MONOLITH以前)

  6. MONOSTYLE

    美しい日本語にこだわった「isotype」のWordPressテーマを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP

ブログの作り方

「SANGO」のテーマでメニューボックスを設置してみよう

SANGOメニューボックス

ブログの作り方

Diverのヘッダー部分を設定。ピックアップスライダーを拡大表示しよう

Diverでヘッダースライダー作成

ブログの作り方

TCDの「Switch」で企業サイトを作る手順1。設定の仕方を説明

TCDのSwitchでサイト作成

ブログの作り方

スワローでブログを作る手順1。基本設定と人気記事を作成

スワローでブログ作成1

ブログの作り方

Bloomでブログを作る手順1。記事スライダーとウィジェットを設置

Bloomでブログを作る

ブログの作り方

TCDの「ONE」でブログを作る手順。トップ画面と記事の設定をします

ONEでブログを作る