ワードプレスの始め方

テーマとプラグイン

ワードプレスに入れたいテーマとプラグイン

今回はテーマとプラグインのインストールをしていきます。

ワードプレスはテーマをインストールすることによって、見た目をガラッと変えることができます。
テーマはいろいろありますが、バズ部さんが無料で提供しているxeory base を使用することにしました。

このテーマは検索エンジンに対しての対策がきめ細やかにされているのでお勧めです。
テーマはすぐに変更できるので、とりあえずで始めても問題ありません。

ワードプレスに慣れたら有料テーマも視野に入れてみると良いですよ↓
2018年、WordPressテーマの部門別お勧めベスト3を発表!>>

また、ワードプレスはプラグインを入れることによって性能がパワーアップします。

あれもこれも入れたくなりますが、便利なプラグインを片っ端から入れていくと動作が重くなってしまいます。

また、プラグインの相性が悪いと表示が崩れたりすることもあります。

そこで、プラグインについては必要最小限にしておいて、今後必要な機能がはっきりしてきたら追加することをお勧めします。

ここでは、有名なプラグインを厳選してインストールしていくことにします。

1 xeory base のテーマをインストールする

テーマはxeory base 
xeory base はシンプルな見た目と、充実したマニュアルがいいですね!
では、インストールの手順です。

xeory base は、公式サイトから手動でダウンロードしてインストールします。まず、xeory base を無料配布している、バズ部さんのサイトに行きます。

Xeory Base

xeory

xeory

  • サイト型テーマの xeory extention
  • ブログ型テーマの xeory base

の二種類のがあります。

今回はブログ型テーマの xeory base をダウンロードします。
xeory base の方をクリックするとユーザー登録画面になります。ユーザー登録してダウンロードします。

ダウンロードしたファイルは、xeory_base.zip という名前です。

あっ、ここでうっかり解凍しないでください!テーマのファイルは、 zip 形式のままでインストールできます。

では、次にワードプレスの管理画面にログインします。管理画面にログインするには、ウェブブラウザのアドレスバーに、自分のドメイン名/wp-admin/ と入力します。ダイアログが出てくるので、ユーザー名とパスワードを入力してログインします。

さて、テーマのインストール方法ですが、こちらの説明をご覧ください。公式サイトに詳しい手順が説明されています。

Xeoryテーマのインストール方法

手順通りにすれば、テーマのインストールは完了です。設定は次の記事で一気に終わらせます。

ワードプレスのテーマは、通常はワードプレスの管理画面から行います。
外観 → テーマ → 新規追加
とたどると、テーマの一覧画面になります。
そこで気に入ったテーマを選択するだけでインストールできます。

2 プラグインのインストール

プラグインでパワーアップできるのがワードプレスの楽しみの一つです。でも、今はなるべく早く記事を書けるように環境を整えることを優先します。
今後欲しい機能がでてきたら、そのときにプラグインを追加しましょう。

いろいろ試した結果、プラグインは以下の9個にしました。いずれも有名なもので、入れて損はしないものばかりです。

  1. All In One SEO Pack
    検索エンジンに表示されやすくするためのプラグインです。
    検索エンジン対策はこれ一つでOKです。これは必須で入れておきます。

  2. SiteGuard WP Plugin
    悪意のある攻撃からブログを守ります。セキュリティーはこのプラグインにお任せします。このプラグインの設定は超簡単です。

  3. BackWPup
    ワードプレスの記事や設定をバックアップできます。設定しておけば、一定の間隔で自動バックアップしてくれます。ブログの記事は書き直しとなるとたいへんです。バックアップは絶対必要です。必須です。

  4. WP Fastest Cache
    ブログの表示速度を早くします。いろいろ速度表示を上げるプラグインを試しましたが、このプラグインは設定が超簡単なのに効果はかなりありました。

  5. EWWW Image Optimizer
    アップロードした画像を自動で圧縮してくれます。画像サイズが少なくなれば、ブログの表示速度が速くなります。自動で勝手に画像を小さくしてくれるので助かります。

  6. Newpost Catch
    新着記事にサムネイルを表示することができます。文字だけよりも画像があった方が見た目がいいですね。

  7. WordPress Related Posts
    記事の最後に関連する記事を表示させることができます。関連する記事って次を読んでみたくなりませんか?この機能はあった方がいいかと思います。

  8. JP Markdown
    マークダウン記法を使って記事を書くことができます。記事を書くのがかなり楽になります。
    マークダウンエディタで文章を書いて、それをワードプレスの投稿記事に貼りつけると、このプラグインがちゃんと変換してくれます。マークダウン記法はブログを書くのに最適な記法だと思います。
    個人的には必須ですが、無くても大丈夫です。

  9. WP Multibyte Patch
    日本語のパッチです。日本語を表示するときの不具合を修正します。最初から入っています。有効化するだけで使えます。これは入れてる実感がありませんが、必要です。

 

では、プラグインのインストール方法です。

プラグイン

プラグイン

上記すべてのプラグインは、ワードプレスの管理画面からインストールすることが可能です。まずは管理画面にログインします。

  1. 左側のメニューのプラグインをクリックします。

  2. 新規追加をクリックします。
    プラグインの追加画面になります。

  3. 右上のプラグインの検索に、上のプラグイン名を入力して、エンターキーを押します。
    お目当てのプラグインが表示されます。

あとは、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが終わると、左下に「プラグインを有効化」という所があるのでクリックします。

上記のプラグインはすべて検索で見つかりますので、この手順を繰り返してください。設定は次の記事で一気に終わらせます。

 


【ワードプレスの始め方 目次】

  1. 全くの初心者からワードプレス。事前に知っておきたいこと
  2. ワードプレスのレンタルサーバーはシンプルに決める
  3. 初心者には分かりにくい、ドメインとWhois情報公開代行…
  4. さくらサーバーにWordPressをクイックインストール
  5. さくらのレンタルサーバーでマルチドメインを設定
  6. ワードプレスに入れたいテーマとプラグイン ←イマココ
  7. ワードプレスの初期設定をすばやく終わらせる 前編
  8. ワードプレスの初期設定をすばやく終わらせる 後編
  9. ワードプレスで初投稿。見出し、画像挿入、パーマリンクなど
  10. ワードプレスの執筆環境を整える。Markdown記法とiPhone連携

関連記事

  1. 複数サイトに対応テーマ

    WordPress有料テーマ。複数サイトに対応しているか調べてみた

  2. ワードプレスで初投稿

    ワードプレスで初投稿。見出し、画像挿入、パーマリンクなど

  3. coconala

    デザイナー作成のロゴやアイコンを格安で。お得なサービスを使おう

  4. アクセス数

    WordPressのテーマを変えたらアクセス数は下がるのか

  5. ホーム画面

    WordPressの有料テーマと無料テーマの比較。断然、有料テーマがお…

  6. 全くの初心者からワードプレス。事前に知っておきたいこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

メーカー別おすすめ

ブログに特化した「OPEN CAGE」のWordPressテーマを5段階評価して…

スワロー

メーカー別おすすめ

美しい日本語にこだわった「isotype」のWordPressテーマを5段階評価…

メーカー別おすすめ

マテリアルデザインのWordPressテーマ「SANGO」を5段階評価してみた

SANGOテーマ

メーカー別おすすめ

検索上位表示と収益化「Diver」のWordPressテーマを5段階評価してみた…

Diverのテーマ

メーカー別おすすめ

デザインの美しさは最上級!「TCD」のWordPressテーマを5段階評価してみ…

TCD birth

メーカー別おすすめ

多機能かつ洗練されたWordPressテーマ「DigiPress」を5段階評価し…

メーカー別おすすめ

使いやすさにこだわった「CrossPiece」のWordPressテーマを5段階…

メーカー別おすすめ

専門分野に特化したWordPressテーマ「CRAZY WP」を5段階評価してみ…